<< 何の幼虫?? ヘムクンド湖 >>

インドの旅・後半

2009年にインドに行ったときには、ネットで鉄道のEチケットを購入することが出来たのだが、今回はなぜか出来なくなっていた・・・さすがIT大国である。

インドに着いてから切符を買い求めるのは、かなり面倒。で、今回はインドの旅行会社を通じて、デリー→ジャイサルメールの切符を購入しておきたかった。この区間は、1日1本の早い列車でも18時間掛かるから、確実に寝台車に乗れるようにしておきたい。

で、メールのやり取りでこの切符を購入する際に、ついでだからホテルも予約しておけば・・・とか、帰りにジョードプルに寄れるよ・・・とか勧められた。インドの旅行会社の得意技で、現地ではこのパターンで痛い目に合う旅行者が多い。

5倍もボラれたり、振り込んでインドに行ったものの、そんな旅行会社が無かったり・・・話題には事欠かない。なんてったって平気で公社を名乗ったり、制服を着たニセ鉄道員がいる国だからね。

過去に1回だけ使ったことがある旅行会社で、間違いはないと判断して、この際、全てお任せすることにした。これで快適な旅が出来るとしたら、もっと歳をとってからもインド旅行が出来るかも・・・という布石の意味もある。

デリー→ジャイサルメール→ジョドプール→デリー
夜行寝台車2泊・3つ星ホテル2泊・砂漠キャメルツアーキャンプ1泊の5泊6日。
ジャイサルメールとジョドプールでは、タクシーで半日市内観光付き。駅への送迎付き。
これにデリーでのホテル3泊。帰国時の空港への送迎。

これで幾らなら妥当なのかは知らない。
インドでは、自分が納得した価格が適正価格って言うんだけどね~。

ただね、どう予約や下調べをしてあっても、絶対に上手くいかないのがインドなのだ!

先ずは、18日17時30分発のジャイサルメール行に乗るために、オールドデリーの駅に向かう。
説明では、予約してある車両までご案内します・・・となっている。
インドの列車は等級が複雑で非常に分かり難いので、これは有難いサービスだ。

16時には迎えが来て、クルマに乗り込む・・・早過ぎない??
ところが、オールドデリー駅の2kmくらい手前で渋滞が始まり、超のろのろ。
早めに出て良かったね。

更に1km手前では完全に動かなくなった。
17時を回った・・・ヤバいじゃん。
インドの鉄道は遅れることが多いが、長距離特急の始発はマジで正確に出発する・・・当たり前か。

d0147315_1139664.jpg
歩道にまでトゥクトゥクやバイクが溢れだし、道路は駐車場状態。インドは、これに牛車や人力車も混じる。降りて歩く連中も増えて来たので、私も歩くことにした。

そうは言っても荷物は15kgはあるし、なんてったって気温は35℃だ! 現役中ならなんてことはない労働だが、日陰のモヤシ的生活を3年以上している体で大丈夫なんだろうか? 運ちゃんは当然来られない。

汗だくになって駅校内に突入。
時間はすでに17時25分!

自分で乗るべく車両を捜してたら絶対に乗り遅れそうなので、赤帽に100円と切符とリュックを手渡して、二人で走る!!

超汗ダク状態で座席をゲット!
しまった、水買うの忘れた!! 
ホームに降りようと思ったら、列車が動き出した・・・ね、インドの列車は正確なんだよ、こんな時に限って。

d0147315_1148155.jpg
翌日の12時半ころに、砂漠の要塞都市、ジャイサルメールに着いた。
初めてインドを訪れたとき(77年)から、その存在を知って、何時か行きたかった。
感動するだろうなぁ・・・と思っていたが、暑さで感覚が鈍った。

d0147315_11501399.jpg
その名も「TOKYO PALACE」というホテルの屋上レストラン。
スタッフが、「冷たいビールあるよ・・・」としつこい。

d0147315_11513943.jpg
日本人旅行者にも人気。
でもさぁ、若いのにこんな高級ホテルに泊まっちゃイカンじゃないの?
1泊2000円はしそうだぜ。

d0147315_11541077.jpg
確かにスマホ使いこなせたら便利なんだろうなぁ。

で、砂漠ツアーとか市内観光?とかして、翌々日、ジョードプルに向かった。
途中でアップしたけど、ひと駅手前で降りちゃった…ってやつね。しかも夜中の0時!!
ホテルの送迎車は、次の駅で延々と待っていたそうだ。

d0147315_1214945.jpg
このジョードプルが意外と良かった。

d0147315_1201255.jpg
この巨大な城が世界遺産じゃない…ってところが、インドの凄さだ。
内部も豪華絢爛だぞ!!

大丈夫か韮山反射炉??

還暦オヤジのインド旅は、これにて終了。
明日から通常営業となりますが、今後も時々、インドの写真をアップします。
[PR]
by kakitarokfs | 2014-09-30 12:01 | 旅行
<< 何の幼虫?? ヘムクンド湖 >>