<< 達磨山 電線の鳥よけ >>

人体実験

10月3日に強風で散らかった葉っぱの写真をアップして、これを利用した自由研究をすると書いた。
本日、ほぼ研究が終わったので、ノーベル賞受賞の感動が薄れないうちに発表しておこう。

先ずは当日朝の惨状。
我が邸宅は間口が15mくらいあるので、この4-5倍は落ち葉やドングリが散らかった。
d0147315_1363318.jpg
で、竹ぼうきで掃除をした。


ここ数年、マウスより重たいものを持ったことが無いので、すっかり筋肉も手の平も軟弱になってしまっていて、1時間で作業を終わった時には、両手の親指付近の皮が剥けてしまった。
d0147315_13105749.jpg
おお、なんて痛々しい。
現役中は6kgもあるタモで、20-30kgのサカナをすくっていたのにね。
今は、竹ぼうき1時間でこの有り様。

d0147315_13131072.jpg
で、以前から疑問に思っていた、バンドエイドのキズパワーパッドは、本当に傷が早く治るか…の実証実験に挑戦した。

左手の傷にキズパワーパッドを張り、右手の傷は消毒もせずにほったらかし。
キズは乾燥させるのが一番治りが早いと信じていたので、2-3日貼りっぱなしのキズパワーパッドはどうよ・・・? って疑問に感じていた。けっこう使ってはいたけど。

左右の手で、同じ傷を作るってしまうことは稀だから、絶好のチャンスだった・・・ってわけ。

d0147315_13174175.jpg
48時間で剥がしてみた。
左右ともほとんど変わらないが、貼ってなかった方が、ちょっと赤っぽいかな。

その後は、大し手変わりはないじゃん・・という結論で、面倒くさくて左手のパワーパッドは張らないでおいた。

ところがその3日後・・・
d0147315_1320920.jpg
パワーパッドを貼っていた方が、明らかに回復していて、もう皮膚が再生し始めている。
貼ってなかった方は、乾燥するとカサブタが割れて、血が滲む。

よって、バンドエイドのキズパワーパッドの効果が認められた。

ここには発表しなかったが、富士山に登ったあと、両足のふくらはぎが同じ様に痛かったので、片方は風呂でマッサージをしたり、市販の湿布薬を貼ったりして、自分なりにケアし、もう片方は意識して何もしないでおいた。結果は、全く同じ・・・という意外な結果に。

さて今回の実験で一番難しかったのは、なんでしょう?
[PR]
by kakitarokfs | 2015-10-08 13:26 | ただの写真
<< 達磨山 電線の鳥よけ >>