<< 5月2日の続き 究極のチベット料理 >>

やはり原因は生肉だった

翌朝、ケータイの着信で目が覚めた。
まだ暗い中、いきなりだったので焦って電話に出たら「とってもつまらない用件」だったのだが、その後、何を間違えたか、ガイドさんのスマホに掛けてしまったらしいことに気が付かなかった・・・5時ころかな。

早起きしてまったので散歩に出た。
まだ薄暗い中、裏山の中腹にあるお寺を目指した。


朝のお勤めの時間に、チベット寺院に潜入だ。
徳格(ゲルデ)という、「町だけで十分に秘境」って感じなのだが、なぜかチベットッ仏教に関しては、本場?のチベットよりも「住民に溶け込んでる感」があった。

d0147315_14551225.jpg
d0147315_14552082.jpg
d0147315_14553349.jpg
な~んて、早朝のゲルデを2時間も散歩してホテルに戻った。
腹が減ったから、朝ごはんをたくさん食べるぞ!

そしいたらロビーで運転手とガイドその他が、「おー日本人帰って来た!」とか騒ぐわけ。

原因はこうだ。
朝5時半に、間違ってガイドのスマホに掛けてしまった。
一瞬の発信?だったので、着信はしてないだろうと確かめもせずに「ケータイを持たないで」散歩に出てしまった。そうそう、ガイドとドライバーは、もっと安いホテルに泊まってるからね。

で、30分くらいして着信に気が付いたガイドが、私に「何事か?」と返信したけど、電話にも出ない。電話持たずに散歩に行っちゃってるから。

で、ガイドさんは思ったわけ。
昨夜の生肉に当たって苦しんでいて、電話にも出られないんだ・・・きっと。
ドライバーとふたりで私のホテルに来て、部屋ドアを叩いても反応が無い。
大変だ~・・ってことで合鍵で開けてもらったんだそうだ。

小さな町なので一通り捜してみたが見つからない。
「綾部さんじゃ、山に登ってるよ・・きっと」ってことで、捜索は中止したらしい。


d0147315_15103197.jpg
ゲルデ唯一の「外国人に泊まって頂いても」恥ずかしくないホテル。
建物の左半分が1泊7000-10000円の高級部屋、右半分は4000-6000円の部屋。
[PR]
by kakitarokfs | 2016-05-07 15:15 | 旅行
<< 5月2日の続き 究極のチベット料理 >>